赤い羽根共同募金

共同募金についてのお知らせ

共同募金

共同募金助成事業募集のお知らせ 2(申請書)

共同募金

共同募金助成事業募集のお知らせ

一覧を見る

赤い羽根共同募金とは

社会福祉法に基づき、10月1日〜12月31日まで全国一斉に行われる、地域福祉の推進を図るための募金運動です。

さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む、民間団体を支援する仕組みとして、また、市民のやさしさや思いやりを届ける運動として、共同募金は市民主体の運動を進めています。

赤い羽根共同募金は、市民自らの行動を応援する、「じぶんの町を良くするしくみ」です。

共同募金の仕組み

地域で集めた募金は、集めた地域で使われます。

町のみんなで集めた募金は、じぶんの町・地域を良くする活動に使われています。
ご協力をいただいた募金の約70%は、募金をいただいた地域で役立てられ、残りの30%は、みなさんの住んでいる市区町村を超えた広域的な課題を解決するための活動に、都道府県の範囲で使われています。

助成額を決めてから募金を集める仕組みです。

共同募金は、地域ごとの使い道や集める額を事前に定め、募金をつのる仕組みです。これを「計画募金」と呼び、「助成計画」を明確にすることによって、みなさまのご理解・ご協力をお願いしています。
またこの「助成計画」があるからこそ、1世帯当たりの目安額などを定めて募金を集めることができます。
みなさんの地域をより良くする募金として、地域の方に喜ばれる共同募金でありたいと考えています。

災害にも共同募金は使われています。

大規模な災害が起こったときの備えとして、各都道府県の共同募金会では、募金額の一部を「災害等準備金」として積み立てています。この積み立ては、大規模災害が起こった際に、災害ボランティア活動支援など、被災地を応援するために使われています。

共同募金の特徴

共同募金は、民間の募金活動です。
民間運動 全国で年間200万人のボランティアによる、地域福祉活動を行う団体を支援するための「民間の募金活動」です。
都道府県単位の運動 都道府県の区域を単位として寄付金を募集し、主としてその区域内の地域福祉活動に配分します。
全国協調運動 10月から全国一斉で行われます。
(10月1日から3月31日まで)
計画性 地域福祉活動を行う団体からの要望等をもとに配分計画を策定し、募金活動、配分を実施します。
寄付の一元化 民間団体の地域福祉活動のために資金を一元化し、寄付金の募集、管理、配分の総合的な調整を図ります。
公開性 住民への情報提供など透明性を保持し、住民の理解と世論の支持のもとに行います。
参画性 地域住民やボランティア、地域福祉活動の担い手等の参画により募金や組織運営が進められます。
福祉教育の普遍性 住民や児童・生徒の地域福祉への理解と関心を高め、ボランティア活動をはじめ福祉教育を一層推進します。

募金の方法と流れ

いろいろな募金の方法

募金方法の種類 内容
戸別募金 ボランティアの皆さんが、地域の各家庭を訪問して協力を呼びかける募金です。
街頭募金 駅前や商店街、ショッピングセンター等で、不特定多数の人に協力を呼びかける募金です。
法人募金 企業や団体等の法人を訪問して協力を呼びかける募金です
職域募金 企業や団体・行政機関等の職場において、従業員や職員に協力を呼びかける募金です。
学校募金 学校における児童・生徒の自発的な活動による募金です
イベント募金 さまざまなイベントにおいて、催しに集まる人に協力を呼びかける募金です
インターネット募金 インターネットを通じて協力を呼びかける募金です。

そのほかに募金箱、バッジ・クオカード・図書カード募金、寄付つき商品、自動販売機などいろいろな募金の方法があります。

共同募金運動は、1年間のサイクルです

  • 共同募金の募金期間は全国一斉に募金を行うため、厚生労働大臣の告示により、10月1日から3月31日までの6か月間です。
  • 共同募金運動は1年間を1サイクルとして行われています。運動期間以外であっても、年間を通じて寄付金を受け付けています。
期間 内容
4月~ 配分申請の受付(福祉団体・社会福祉施設等)
7月~ 配分計画(配分案)の立案(配分委員会)
募金の目標額の決定(理事会・評議員会)
9月~ 厚生労働大臣の告示 募金運動の開始(10月1日~3月31日)
一般募金(募金期間:10月1日~12月31日) 県内の社会福祉を目的とした事業を行う民間の社会福祉施設や団体等に配分するために募集する寄付金です。
地域歳末たすけあい運動(募集期間:12月1日~12月31日)本県では一般募金と併せて募金運動が行われています。
NHK歳末たすけあい募金(募集期間:12月1日~12月25日)NHKが放送局を通じて募金の協力を呼びかけ、共同募金会が募金の管理と配分を行います。
使途選択募金(募集期間:1月1日~3月31日)地域の課題解決に取り組む活動団体を選んで応援するために募集する寄付金です。
2月 配分計画(配分案)の調整(配分委員会)
3月 配分の決定(理事会・評議員会)
4月~ 事業の実施(福祉団体・社会福祉施設等)

助成金事業募集

地域で活躍している、ボランティア団体・グループや福祉団体、NPO 法人、自治会、学校等を対象に、事業資金(1事業につき10万円以内)を助成します。
助成金の財源は、赤い羽根共同募金運動でみなさまから寄せられる募金です。

次のような事業は対象になりません。
  • 他の補助金との重複や公的補填がある事業
  • 政治・宗教・組合の運動手段として行う事業や営利目的の事業
  • 総会など団体の運営に要する経費や福祉を目的としない事業

助成金交付の流れ

詳しくは、申込み年度の募集要綱をご覧ください。

4月下旬 申請書申し込み

  • ホームページ等でご案内します。

6月1日〜6月最終営業日 申請書の提出

  • 提出期限6月最終営業日(期限厳守)
  • 筑北村共同募金委員会事務局(筑北村社会協議会窓口)へ提出してください。

9月上旬 助成金交付仮決定等通知

  • 審査結果をお知らせします。
  • 助成金の交付が決定した団体は、助成金請求書を提出してください。

翌年度助成金の交付

  • 助成金請求書の提出を確認後、助成金を指定された口座に振り込みます。
    (助成金の返金、事業計画を変更する時は、筑北村共同募金委員会へ必ず連絡してください。)

事業終了後 助成金実績報告書の提出

添付:事業の概要がわかるようなチラシ、事業の写真、事業にかかった費用の領収書(コピー可)

  • 提出期限 3月末日(期限厳守)
    (実績報告書の用紙は助成決定通知書に同封いたします。)
  • 筑北村共同募金委員会事務局および筑北村社会福祉協議会窓口へ提出してください。
お問い合わせはこちらから
マスコットキャラ